ライフ

中にいては気づけない。

コンサルタント

今、香港におります。

定期的に海外に行きたい一番の理由は冷静になれるからです。常に120%で動いてますので、冷却期間が必要です。

自分自身のことは理解しているつもりでも、他の人から言われて気づくことがほとんどです。

他の人からアドバイスを受けて、ハッとすることやこんなこともできてなかったのかと思うことはないですか?

自分の所属しているところ、自分の行なっているプロジェクトなど、分かっているようで、分かっていないことが多く、様々な事象に気付きにくいです。

自分が関係していないことや他人のことで、こうしたらいいのにとか、これはダメだよねと簡単に気づけることでも、いざ中に入ったらできないことや気づいていないことが多いです。

このようなことを効率よく生産性のある形で軌道修正してくれるのが、

スポーツで言えば「トレーナー」や「コーチ」

ビジネスで言えば「コンサルタント」

海外ではスポーツでも「オフェンスコンサルタント」という仕事があります。

組織は鎖国的・閉鎖的にならず、一度話を聞いてみる、自分にメリットがあるか確認するなど、メンター的な存在を見つけるのが重要ではないかと思います。(個人にも当てはまりますが)

「日本の変化」に対応して行きましょう。