ロサンゼルスキャンプ

【ロサンゼルスバスケット】LAバスケットボールキャンプ2017 7日目

ロサンゼルスバスケット

LAバスケットボールキャンプ2017 7日目

ロサンゼルスバスケットボールキャンプ7日目

朝からアメリカンスポーツセンターでSheaのトレーニングでした。

パスの練習もしっかりやります。

練習内容の組み方として、2週間の期間でどのパートを練習するか、課題解決するか、改善するか・・・

まず、選手の試合ビデオやプレー内容をSheaに送っておいて見てもらいます。

今回はガードポジションにおける必要な要素をSheaがピックアップ。

現地でまずは練習内容を確認します。確認後、もっと優先すべき事項があればこの部分をブレイクダウンしてほしいと伝え、その部分のパート練習。

習得具合に応じて練習の強度や難度に変化を加えて行きます。

進捗状況により、難度が上がったため、今までできていたことができなくなることもあります。

その場合はまた、そのパート練習に戻して、できるようにまで持っていき、体現したいプレーの方向性に近づけて行きます。

Sheaの練習は基本的には

基礎的な要素をブレイクダウンしたメニュー

2から3ムーブ入ったメニュー

ライブに近いメニュー

となります。

オフェンスレベルが上がってくると仲間同士でディフェンスが止めれない状況も出てきますので、その際はディフェンスのレベルを上げるために、ディフェンスの指導もして行きます。

そうすることによって、ディフェンスのレベルも上がり、オフェンスがさらにより高度な対応を求められて相乗効果によりレベルが上がって行きます。

積み上げ方式・積み重ね方式ですので、選手が理解しやすいのが特徴です。

その後、NBA ヒューストン・ロケッツのジェームス・ハーデンのトレーナーのPaulによるストレングストレーニングでした。

体の使い方、特にジャンプとステップに関してトレーニングしてもらいました。

Paul自身、トレーニングにより360ダンクをするぐらい跳びます。

カーフの使い方と股関節伸展からの動きのポイントで4inch伸びると言ってました。

バスケットの動きに近い形でトレーニングができることが特徴です。

また、日本のケア担当の部隊と連携してますので、夜にオンラインでしっかりケアを行い疲労をしっかり取り除いています。

食事もオーガニック中心に何を食べると良いか考えてもらい日本に帰っても良い習慣を持ってもらえるようにしています。

少し時間がありましたので、ハリウッドまでいきリフレッシュ。

埼玉ブロンコス 高橋幸大くん

林 Taylor りん太郎くん

とのロサンゼルス キャンプは半分を過ぎました。では、また明日。。。