孫子の兵法

【孫子の兵法】ビジネスには撤退する勇気も必要

孫子の兵法

ビジネスには撤退する勇気も必要

用兵の法は、十なれば則ち之を囲む。

五なれば則ち之を攻む。

倍すれば則ち之を分かつ。

敵すれば則ち能く之と戦う。

少なければ則ち能く之を逃る。

若かざれば則ち能く之を避く。

故に、小敵の堅なるは大敵の擒なり。

via 孫子の兵法 謀攻篇)

軍隊を運用する時の原理原則として、自軍が敵の10倍の戦力であれば、敵を包囲すべきである。5倍の戦力であれば、敵軍を攻撃せよ。敵の2倍の戦力であれば、相手を分断すべきである。

自軍と敵軍の兵力が互角であれば必死に戦うが、自軍の兵力の方が少なければ、退却する。敵の兵力にまったく及ばないようであれば、敵との衝突を回避しなければならない。

だから、小兵力しかないのに、無理をして大兵力に戦闘をしかけるようなことをすれば、敵の餌食となるだけのこととなるのだ。

「飛んで火に入る夏の虫」

小には小の戦い方があります。

大には大の戦い方があります。

相手についてしっかりリサーチし、自分についてもしっかり把握する。

勝てるポイントを把握するのはもちろん、負けるポイントも把握する。

負けをコントロールする。

気合いと根性だけで何とかするのは無意味です。

それは所謂、

「飛んで火に入る夏の虫」

明るさにつられて飛んで来た夏の虫が、火で焼け死ぬ意から、自分から進んで災いの中に飛び込むことのたとえ。

負けをコントロールして勝てる戦いに持ち込む。

勝ちが見込めないのであれば、最小限の負けで逃げることも大切です。

物事を俯瞰的・客観的に見るタイミングも作りましょう。