孫子の兵法

【孫子の兵法】戦う前に相手を封じ込める方法を考える

孫子の兵法

戦う前に相手を封じ込める方法を考える

上兵は謀を伐つ。其の次は交を伐つ。其の次は兵を伐つ。其の下は城を攻む。

via 孫子の兵法 謀攻篇)

最上の戦い方は、敵の謀略、策謀を読んで無力化することであり、その次は、敵の同盟や友好関係を断ち切って孤立させることである。

それができなければ、いよいよ敵と戦火を交えることになるが、その際に一番まずいのが敵の城を攻めることである。城攻めは、他に方策がない場合に仕方なく行う手段に過ぎない。

事前対策・リサーチ

戦う前の準備や調査・試合前のスカウティング・ビジネスマーケティングなど、事前に打つべき対策を考えることが大切なのは明らかです。

ただリサーチするだけで満足して、データをどう整理して活用するか、ここがポイントです。

孫子の「戦わずして勝つ」というのは、真っ向勝負や相手の強みの部分を避けて、相手の弱いところや無力なところにフォーカスして、戦いを有利に進める、そうすれば相手はその部分は諦める可能性があります。

自分個人の場合であれば、「自分が出来ること・得意なこと」を整理すればそれが武器となり、「自分ができないこと・苦手なこと」を整理すれば、戦っても勝てない部分が明確となります。

まずは自分自身の強み・弱みを整理して、自分が目指す将来に向かって、

  • 強みである武器を磨く
  • 弱みである課題を克服する
  • 新しい武器を作る
  • 弱みは捨てる(そのままにしておく)

など、自分と向き合い、自分を感じましょう。

行動や環境は自然と変化していきます。

ABOUT ME
yasuhito matsui
松井泰仁 サラリーマン10年ほどやってました。 今はバスケットボールを通して、様々なお手伝いをしております。