孫子の兵法

【孫子の兵法】相手との力関係を冷静に見極める

相手との力関係を冷静に見極める

彼を知り己を知らば、百戦殆うからず。彼を知らずして己を知らば、一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆うし。

via 孫子の兵法 謀攻篇)

戦いに際しては、相手(敵軍)の実情や実態を知って自己(自軍)の状況や実態をも知っていれば、百度戦っても危険な状態に陥ることにはならない。

相手(敵軍)の実情を把握せずに自己(自軍)の実情だけを知っているという状況であれば、勝ったり負けたりが五分五分である。相手(敵軍)のことも知らず、自己(自軍)のことも知らないようでは、戦うたびに必ず危険に陥る。

客観的な判断

孫子の言葉で一番知られているものです。

敵や味方のことを分かっていれば負けることはない。負けをコントロールできる。

自分自身のことを把握していれば50%。

味方のことや自分自身のことすら把握していないのであれば、毎回負ける可能性が高い。

いかに情報を掴み、整理して事前に準備できるか。

戦闘においては最も重要なことです。

ビジネスにおいては顧客や競合企業として捉えて、どれだけ勝つ確率を高めることができるか。

バスケットボールにおいては自軍を分析し、相手チームを分析する。

自軍の強みと弱み、相手チームの強みと弱みを洗い出す。

40分間の中で、どの部分で戦うのか。

自軍の弱みを消し、相手チームの弱みに付け入る。

相手チームの強みを消し、自軍の強みで攻める。

戦略から戦術に落とし込み、ゲームをコントロールできるようにする。

そのために必要なスキルやフィジカル。

自ずと練習内容が明確化します。

全てに共通する内容ですね。

相手がいるなら、情報を収集し、まとめて判断する。

実践していきましょう。