仮想通貨

【仮想通貨2年】リップル(XRP)アルトコイン第1位

仮想通貨

リップル(XRP)アルトコイン第1位

今、大注目のアルトコイン【リップル】アルトコインの中でリップルは1位になりました。

※アルトコインとはビットコイン以外のコインのことをアルトコインと言います。

リップルがどれだけ広がりを見せているか、発表済みのニュースから見ていきましょう。

<リップル業務提携関係のニュース>SBI、ブロックチェーン活用でカード業界と連携

via https://r.nikkei.com/article/DGXMZO25102920W7A221C1EE9000

American Express Is Getting Into Blockchain-Based Payments With Ripple

via http://fortune.com/2017/11/16/amex-payments-ripple-blockchain/かを

”アメリカン・エキスプレスは、米国の法人顧客が英国に本拠を置く企業に資金を送金するため、リップルを利用して即時ブロックチェーンベースの支払いを導入した。アメリカン・エキスプレスはFXインターナショナル・ペイメント(FXIP)事業がリップルと提携し、リアルタイムで追跡可能な米国から英国への 非カード決済を提供したと述べた。顧客はすでにこのサービスを利用しており、今後拡張される予定だという。

これは、ブロックチェーンの最初の主な用途の1つです。ブロックチェーンは、インターネット上のコンピュータネットワークによって維持されるトランザクションの共有データベースで、ビットコインを基礎とするシステムとして最もよく知られています。

新技術が証券決済や国際収支などの負担の大きいプロセスのコストと複雑さを削減できることを望んでいるが、多くの人々が技術の普及がまだ数年はかかると多くの人が指摘する。”

国内でリップルに関係する銀行

77 Bank(七十七銀行)

77 Bank(七十七銀行)は、宮城県仙台市に本店を置く東北6県では最大手の大手地方銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia(エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

AEON Bank(イオン銀行)

AEON Bank(イオン銀行)は、セブン銀行とともに『新たな形態の銀行』に分類されるイオングループの銀行。イオングループのほぼすべての店舗にATMを設置しています。同行は201610月に SBI Ripple Asia が主導するコンソーシアムへの参加を発表しています。

Akita Bank(秋田銀行)

Akita Bank(秋田銀行)は、秋田県秋田市に本店を置く地方銀行です。同行は2017年5月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Aomori Bank(青森銀行)

Aomori Bank(青森銀行)は、青森県青森市に本店を置く青森県最大の地方銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Ashikaga Bank(足利銀行)

Ashikaga Bank(足利銀行)は、めぶきフィナンシャルグループ傘下の栃木県宇都宮市に本店を置く地方銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Awa Bank(阿波銀行)

Awa Bank(阿波銀行)は、徳島県徳島市に本店を置く地方銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Bank of Iwate(岩手銀行)

Bank of Iwate(岩手銀行)は、岩手県盛岡市に本店を置く岩手県最大の地方銀行です。同行は2017年4月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Bank of Nagoya(名古屋銀行)

Bank of Nagoya(名古屋銀行)は、愛知県名古屋市に本店を置く第二地方銀行です。同行は2017年5月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Bank of Okinawa(沖縄銀行)

Bank of Okinawa(沖縄銀行)は、沖縄県那覇市久茂地に本店を置く、信託併営の地方銀行です。同行は2017年4月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ(三菱東京UFJ銀行)

Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ(三菱東京UFJ銀行)は、三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の都市銀行で、日本の3大メガバンクの一つです。同行は2016年11月に発表されたシンガポール中央銀行が主導するリップルを利用した国際送金実験に参加しています。また、2017年3月にはリップルを利用する国際送金サービスの世界連合である Global Payments Steering GroupGPSG)への参加、同年4月には SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加が発表されています。

Bank of Yokohama(横浜銀行)

Bank of Yokohama(横浜銀行)は、神奈川県横浜市に本店を置く日本最大の地方銀行です。横浜銀行は2016年8月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。同コンソーシアムは、リップル社の次世代決済基盤『Ripple Connect』を用いて、外国為替と内国為替を一元的に行う決済プラットフォーム『RCクラウド』を2017年3月を目途に構築するとしています。

Bank of The Ryukyus(琉球銀行)

Bank of The Ryukyus(琉球銀行)は、沖縄県那覇市に本店を置く地方銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Chiba Bank(千葉銀行)

Chiba Bank(千葉銀行)は、千葉県千葉市中央区に本店を置く、単独の地銀としては総資産で横浜銀行に次ぐ、第2位の地方銀行。同行は201610月に SBI Ripple Asia が主導するコンソーシアムへの参加を発表しています。

Chiba Kogyo Bank(千葉興業銀行)

Chiba Kogyo Bank(千葉興業銀行)は、千葉県千葉市美浜区本店をに置く地方銀行です。同行は2017年4月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Chugoku Bank(中国銀行)

Chugoku Bank(中国銀行)は、岡山県岡山市に本店を置く岡山県内最大の地方銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Daishi Bank(第四銀行)

Daishi Bank(第四銀行)は、新潟県新潟市中央区に本店を置く地方銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Daiwa Next Bank(大和ネクスト銀行)

Daiwa Next Bank(大和ネクスト銀行)は、大和証券グループ本社が全額出資するネット銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Ehime Bank(愛媛銀行)

Ehime Bank(愛媛銀行)は、愛媛県松山市に本店を置く第二地方銀行です。同行は2017年4月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Fukui Bank(福井銀行)

Fukui Bank(福井銀行)は、福井県福井市に本店を置く地方銀行です。同行は2016年12月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Gunma Bank(群馬銀行)

Gunma Bank(群馬銀行)は、群馬県前橋市に本店を置く地方銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Hachijuni Bank(八十二銀行)

Hachijuni Bank(八十二銀行)は、長野県長野市に本店を置く地方銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia(エスビーアイ リップル アジア) が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Hiroshima Bank(広島銀行)

Hiroshima Bank(広島銀行)は、広島県広島市中区に本店を置く地方銀行。同行は201610月に SBI Ripple Asia が主導するコンソーシアムへの参加を発表しています。

HOKURIKU BANK(北陸銀行)

HOKURIKU BANK(北陸銀行)は、富山県富山市に本店を置く大手地方銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

HYAKUGO BANK(百五銀行)

HYAKUGO BANK(百五銀行)は、三重県津市に本店を置く地方銀行です。同行は2017年3月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Iyo Bank(伊予銀行)

Iyo Bank(伊予銀行)は、愛媛県松山市に本店を置く大手地方銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Japan Post Bank(ゆうちょ銀行)

Japan Post Bank(ゆうちょ銀行)は、国営の日本郵政公社から主に郵便貯金事業等を引き継ぎ設立された日本最大の預金金融機関です。同行は、2017年7月に SBI Ripple Asia が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』に参加しました。

Juroku Bank(十六銀行)

Juroku Bank(十六銀行)は、岐阜県岐阜市に本店を置く地方銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia(エスビーアイ リップル アジア) が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Keiyo Bank(京葉銀行)

Keiyo Bank(京葉銀行)は、千葉県千葉市中央区に本店を置く第二地方銀行です。北洋銀行に次いで第二地方銀行としては2番目の規模を誇ります。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Michinoku Bank(みちのく銀行)

Michinoku Bank(みちのく銀行)は、青森県青森市勝田に本店を置く地方銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Mitsubishi UFJ Trust and Banking Corporation(三菱UFJ信託銀行)

Mitsubishi UFJ Trust and Banking Corporation(三菱UFJ信託銀行)は、三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の信託銀行です。信託業務では三井住友信託銀行に次ぐ国内第2位の信託銀行です。同行は2017年5月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Mizuho Financial Group(みずほフィナンシャルグループ)

Mizuho Financial Group(みずほフィナンシャルグループ)は、 みずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券を傘下に収める銀行持株会社です。三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)、三井住友フィナンシャルグ ループ(SMFG)とともに、3大メガバンクの一角を占めます。みずほフィナンシャルグループは、2016年7月に SBIホールディングスとともに R3 CEV のプロジェクト『Sora』においてリップルの実証実験を開始することを発表、同年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Musashino Bank(武蔵野銀行)

Musashino Bank(武蔵野銀行)は、埼玉県さいたま市大宮区に本店を置く地方銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

NISHI-NIPPON CITY BANK(西日本シティ銀行)

NISHI-NIPPON CITY BANK(西日本シティ銀行)は、福岡県福岡市博多区に本店を置く地方銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Nomura Trust and Banking Company(野村信託銀行)

Nomura Trust and Banking Company(野村信託銀行)は、東京都千代田区に本社を置く野村ホールディングス傘下の大手信託銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Norinchukin Bank(農林中央金庫)

Norinchukin Bank(農林中央金庫)は、1923年(大正12年)に設立された農業協同組合森林組合漁業協同組合系統中央機関の役割を持つ金融機関であり、国内最大規模の機関投資家です。海外では日本最大のヘッジファンドとして知られています。Norinchukin Bank(農林中央金庫)は、2017年4月に SBI Ripple Asia(エスビーアイ リップル アジア) が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

North Pacific Bank(北洋銀行)

North Pacific Bank(北洋銀行)は、北海道札幌市に本店を置く第二地方銀行です。第二地方銀行でありながら、規模は地方銀行の北海道銀行を凌ぐ北海道最大の金融機関です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Oita Bank(大分銀行

Oita Bank(大分銀行)は、大分県大分市に本店を置く地方銀行です。同行は2017年3月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

ORIX Bank(オリックス銀行)

ORIX Bank(オリックス銀行)は、東京都に本店を置くオリックス傘下の信託銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Resona Bank(りそな銀行)

Resona Bank(りそな銀行)は、三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループに次ぐ規模の国内4位の大手銀行です。同行は201610月に SBI Ripple Asia が主導するコンソーシアムへの参加を発表しています。

SAN-IN GODO BANK(山陰合同銀行)

SAN-IN GODO BANK(山陰合同銀行)は、島根県松江市に本店を置く、山陰地方で最大規模の地方銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

SBI Sumishin Net Bank(住信SBIネット銀行)

SBI Sumishin Net Bank(住信SBIネット銀行)は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同で出資するインターネット専業銀行です。同行は2016年8月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。同コンソーシアムは、リップル社の次世代決済基盤『Ripple Connect』を用いて、外国為替と内国為替を一元的に行う決済プラットフォーム『RCクラウド』を2017年3月を目途に構築するとしています。

Senshu Ikeda Bank(池田泉州銀行)

Senshu Ikeda Bank(池田泉州銀行)は、大阪府大阪市北区茶屋町に本店を置く地方銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Seven Bank(セブン銀行)

Seven Bank(セブン銀行)は、セブン&アイ・ホールディングス傘下のコンビニATM事業最大手の銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Shiga Bank(滋賀銀行)

Shiga Bank(滋賀銀行)は、滋賀県大津市に本店を置く地方銀行です。同行は2017年4月に SBI Ripple Asia(エスビーアイ リップル アジア) が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Shinkin Central Bank(信金中央金庫)

Shinkin Central Bank(信金中央金庫)信用金庫の系統中央機関で、信用金庫法に定められる『全国を地区とする信用金庫連合会』としての業務を行うことができる日本で唯一の金融機関です。Shinkin Central Bank(信金中央金庫)は、2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Shinsei Bank(新生銀行)

Shinsei Bank(新生銀行)は、東京都中央区に本店を置く経常収益ベースで国内第6位の銀行です。同行は201610月に SBI Ripple Asia が主導するコンソーシアムへの参加を発表しています。

Shikoku Bank(四国銀行)

Shikoku Bank(四国銀行)は、高知県高知市に本店を置く地方銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Shimizu Bank(清水銀行)

Shimizu Bank(清水銀行)は、静岡県静岡市清水区を中心に業務を行う地方銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Shoko Chukin Bank(商工組合中央金庫)

Shoko Chukin Bank(商工組合中央金庫)は、特別法(株式会社商工組合中央金庫法)に基づく特殊会社で、日本の政策金融機関です。Shoko Chukin Bank(商工組合中央金庫)は、2017年4月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Sony Bank(ソニー銀行)

Sony Bank(ソニー銀行)は、ソニーフィナンシャルホールディングス傘下の新たな形態の銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Sumitomo Mitsui Banking Corporation(三井住友銀行

Sumitomo Mitsui Banking Corporation(三井住友銀行)は、東京都千代田区に本店を置く三井住友フィナンシャルグループ傘下の銀行であり、日本の3大メガバンクの一つです。同行は、2017年7月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』に参加しました。

Sumitomo Mitsui Trust Bank(三井住友信託銀行)

Sumitomo Mitsui Trust Bank(三井住友信託銀行)は、信託業務で邦銀第1位、銀行業務で邦銀第5位の規模を誇る三井住友トラスト・ホールディングス傘下の信託銀行。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia(エスビーアイ リップル アジア) が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Suruga Bank(スルガ銀行)

Suruga Bank(スルガ銀行)は、静岡県沼津市に本店を置く地方銀行です。実店舗は五大都市圏でも展開しており、ネットバンキングでは全国展開しています。同行は2017年3月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Tochigi Bank(栃木銀行)

Tochigi Bank(栃木銀行)は、栃木県宇都宮市に本店を置く第二地方銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Toho Bank(東邦銀行)

Toho Bank(東邦銀行)は、福島県福島市に本店を置く地方銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Tokyo Star Bank(東京スター銀行)

Tokyo Star Bank(東京スター銀行)は、東京都港区赤坂に本店を置く第二地方銀行です。同行は2017年3月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Towa Bank(東和銀行)

Towa Bank(東和銀行)は、群馬県前橋市に本店を置く第二地方銀行です。同行は2017年4月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Tsukuba Bank(筑波銀行)

Tsukuba Bank(筑波銀行)は、茨城県土浦市に本店、つくば市に本部機能を置く地方銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Yachiyo Bank(八千代銀行)

Yachiyo Bank(八千代銀行)は、東京都新宿区に本店を置く第二地方銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Yamagata Bank(山形銀行)

Yamagata Bank(山形銀行)は、山形県山形市に本店を置く中堅の地方銀行です。同行は2016年10月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

Yamaguchi Bank(山口銀行)

Yamaguchi Bank(山口銀行)は、山口県下関市竹崎町に本店を置く地方銀行です。同行は2017年3月に SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)が主導する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』への参加を発表しました。

SBIとリップルについて

SBI Holdings(SBIホールディングス)

SBI HoldingsSBIホールディングス)は、日本の金融持株会社です。元々は SoftBank Investment という社名でソフトバンクグループの金融関連企業として設立されましたが、後に同グループを離脱して現在の社名になりました。同社は2016年1月にリップル社の発行済み株式の17%を取得し、同年5月に合弁会社の SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)を日本に設立しました。また、SBIグループで送金事業を手掛けるSBIレミットが第一号ユーザーとしてリップルを採用することが発表されています。

SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)

SBI Ripple Asia (エスビーアイ リップル アジア)は、SBIホールディングスとリップル社によって日本に設立された合弁会社です。リップル社の発表によれば、同社は日本、中国、台湾、韓国とアセアン諸国を管轄します。同社は2016年8月に国内の約15の銀行が参加する『ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』を発足することを発表し、リップル社の次世代決済基盤『Ripple Connect』を用いて、外国為替と内国為替を一元的に行う決済プラットフォーム『RCクラウド』を2017年3月を目途に構築するとしています。

MITもリップルを採用

MIT(マサチューセッツ工科大学)

アメリカ合衆国マサチューセッツ州ケンブリッジに本部を置く私立工科大学で、MITメディアラボ所長を伊藤穰一氏が務めることでも知られています。MITは2016年4月にブロックチェーン技術を研究するプラットフォームにリップルを採用しました。

公式サイト: MIT(Massachusetts Institute of Technology)

Rippleを利用する銀行・企業(via http://gtgox.com/partners-of-ripple/

今後のリップル

期待値が一番高いと言われていて、上記ニュースを見ても分かる通り、世界・国内の大手銀行が参加を表明するなど、需要が高まっています。

将来のリップルの価格は100ドルと予想しているアナリストもいます。

現在は1リップルが240円ほどです。下記のオススメの取引所のコインチェックから、簡単に購入することができますよ。

オススメの仮想通貨取引所

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck(コインチェック)

  • ビットコイン取引高 日本一
  • アプリ利用者数 日本一

とりあえず、初めての方は出川哲朗さんがCMをしているコインチェックの登録をオススメします!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoinCoincheckはビットコイン取引所として、アプリ利用者数が国内NO.1の初心者に優しい取引所です。

スマホから簡単に仮想通貨を購入する事が可能です。

多くの方がコインチェックから仮想通貨投資を始めており、実際に僕もコインチェックから始めています。

コインチェック(coincheck)のおすすめをする理由は・・・

おすすめの理由

・アプリが使いやすく、ウィジェットが優秀
・初心者でも分かりやすいサイト設計
・ビットコインの取引手数料が永久に無料
・取り扱い通貨が国内NO.1

アプリの使いやすさは最強です。

日本円で買える仮想通貨数は国内NO.1で、コインチェック(coincheck)でしか買えない通貨もあります。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

今メインでビットコインFXしているビットフライヤーもオススメです。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で