お金2.0

【お金2.0】今起きているのはあらゆる仕組みの「分散化」

お金2.0

今起きているのはあらゆる仕組みの「分散化」

既存の経済や社会は、「分散化」の真逆の「中央集権化」によって秩序を保ってきた。

近代社会が「情報の非対称」を前提に作られている。

via お金2.0 新しい経済のルールと生き方 佐藤航陽著

これはどの組織を見てもそうですよね。

中央に絶大な権力を持つところがあって、その下に仲介的な部分がその下の組織に情報を流す。

テクノロジーによって仲介的な部分があまり意味をなさなくなっています。

問屋さんを例に出すと、問屋さんが様々な役割を担っていたと思いますが、メーカーがオンラインショップ等でBtoC,BtoBを直接行えば利益率が上がります。

NIKEが分かりやすいかもしれません。

現状、NIKEは問屋への卸は継続していますが、自社のオンラインサイトのセールで問屋から小売店が仕入れる価格より安い価格で販売している時があります。

そうなれば、小売店はそこから仕入れる方が安いです。。

NIKEはやろうと思えば、問屋を飛ばして、各小売店と直接契約を結びオンラインでやりとりすれば・・・というよりももう小売店もいらないですよね。

旅行で言えば、昔は旅行会社から全て買わなければならなかったですよね。

旅行に必要な情報を全て旅行会社が握っていて、そこに行かないと情報が得ることができなかった。

今は、スマホさえあれば、自分で好みのもの組み合わせて旅行プランを作成することができます。

うまくいけば、旅行会社が提示するプランより安くなります。

10年修行して一人前・・・みたいなものに関しても、全てとは言いませんが、上にいる人の保身のために情報操作がされてきたと言える部分があります。

でも今は、調べようと思えばほとんどの情報が手に入る時代です。

教科書的な勉強する機能だけにおいて、先生が媒介する必要ないです。

むしろ、先生が媒介することによってマイナスのこともありますから。

アメリカではバスケクラブチームと公立の学校が提携して、チューターの先生が1週間に一度、進捗確認のためにだけいて、授業はオンラインやビデオ。

というような仕組みもあります。

情報や物資を横流しだけしている人、気づきましょう。

1万円札、7年後をメドに廃止?政府内でも検討開始か

http://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/14106962/

1万円札なくなるかもです。そんなこと想像もしてなかったですよね。

でも現実に起こり得るのです。現にアメリカでは100ドル札出すと拒否されるとこあります。

何かわからないことや、変化を感じた時のワードが出てきたら、そのワードで本を検索して一冊読んでみましょう↓