D・カーネギー

【D・カーネギー】道は開ける

D・カーネギー

道は開ける

⑴悩みに関する基本事項

今日、一日の区切りで生きよ

  • 未来を不安に思ったり、理想の未来を妄想したりして、今を現実逃避していないか?
  • 過去を後悔して、現在を傷つけていないか?
  • 朝起きたとき、「今日を精一杯がんばろう」と誓っているか?
  • そう考えることによって、人生を豊かにできるだろうか?
  • それらをいつからはじめるべきか?明日?明後日?または今日?

悩みを解決する魔術的公式

  • 「起こりうる最悪の事態」を自問する。
  • やむをえない場合は、その事態を受け入れる覚悟をする。
  • それから落ち着いて、最悪状況を好転させるよう努力する。

悩みがもたらす副作用

  • 事実を直視し、悩むことをやめる。そして何かをやってみる。

 

⑵悩みを分析する基礎技術

悩みの分析と解消法

  • 第一問 私は何に悩んでいるか?
  • 第二問 それに対して私は何ができるか?
  • 第三問 私はどういうことを実行しようとしているか?
  • 第四問 私はそれをいつから実行しようとしているか?

仕事の悩みを半減させる方法

  • 問題点は何か?
  • 問題の原因は何か?
  • 幾通りの解決法があり、それらはどんな方法か?
  • 望ましい解決法はどれか?

 

⑶悩みを早期に絶つ方法

心の中から悩みを追い出すには

  • 忙しい状態になること。悩むのは悩む暇があるから。悩みを抱えている時ほど忙しく活動しろ

カブトムシに打ち倒されるな

  • 気にする必要もなく、忘れても良い小さい事で心を乱してはならない。「小さいことにこだわるには、人生はあまりにも短い」

多くの悩みを締め出すために

  • 「記録を調べてみよう」。そして自問する。「平均すると、不安の種が実際に起こる確率はどれほどだろうか?」

避けられない運命には調子を合わせる

  • 決まった運命なら悩まずにさっさと従い、それを忘れる。

悩みに歯止めをかける

  • 現在の悩みはどれほど重要性があるか?
  • その悩みの損切りラインをどの時点で出して、悩みを忘れるべきか?
  • その悩みに対してどれほどリソースを注げばよいか?既に注ぎすぎてないか?

おが屑を挽こうとするな

  • 腹水盆に帰らず

 

⑷平和と幸福をもたらす精神状態を養う方法

生活を転換させる指針

  • 快活に考え行動すれば自然に愉快になる。

仕返しは高くつく

  • 仕返しはしてはならない。結果的に自分が傷つく。嫌いな人について考えたりして、自分の時間やリソースを無駄にしてはならない

恩知らずを気にしない方法

  • 恩知らずを気に病む代わりに、元々人間は恩知らずであると考える。
  • 幸福を見つける唯一の方法は、感謝を期待することではなく、与える喜びを得るために与えることである。
  • 感謝の念は後天的に「育まれた」なものである。子供に感謝の念を植えつけるためには、子供に教え込まなければならない。

百万ドルか、手持ちの財産か

  • 厄介ごとを数え上げるな、恵まれているものを数え上げよう

自己を知り、自己に徹する

  • 他人の真似をするな。自己を知り、自己に徹しよう

レモンを手に入れたらレモネードを作れ

  • 運命が損害をくれたら、それで利益を生み出せ(利益を享受するだけなら誰でもできる)

二週間でうつを治すには

  • 他人に興味を持つことで自分自身を忘れよう。毎日誰かの顔に微笑みが浮かぶよう善行を心がけよう

 

⑸悩みを完全に克服する方法

私の両親は如何にして悩みを克服したか

  • 祈りは悩みを具体化する。具体化していないものは対処のしようがない。神を信じる必要はない。
  • 祈りは重荷を分担するような気分にさせる。悩みを自分だけで抱え続けることは難しい。誰にも話せないときは神に祈って重荷を分担するような気持ちになる
  • 祈りという行動が、悩みを解決しようという行動の第一歩になっている。そこから徐々に実際の行動へ繋がる。

 

⑹批判を気にしない方法

死んだ犬を蹴飛ばす者はいない

  • 不当な非難は、しばしば偽装された賛辞である。正しくないものはいずれ正される。

非難に傷つかないために

  • 最善を尽くせ、その後は古傘をさして非難の雨が首筋から背中へ流れるのを防げばよい

私の犯した愚かな行為

  • 自分の犯した愚行を記録しよう。人間は完全無欠にはなれない。そして、建設的な批判を進んで受け入れ求めよう

 

⑺疲労と悩みを予防し心身を充実させる方法

活動時間を一時間増やすには

  • 疲れる前に休もう。そうすれば自然と活動時間に一時間付け加えることができる。

疲れの原因とその対策

  • いつでもリラックスしていること。猫を見習え
  • できるだけ楽な姿勢で働くこと
  • 一日に4,5回、自分を点検する。余計なことに労力を注いでいないか?それがくつろぎの習慣に繋がる。
  • 一日の最後にどれだけ疲れているか確認する。原因は仕事のやり方が悪いためだ

疲労を忘れ、若さを保つ方法

  • 感銘を受けた作品をメモする。感動した言葉、文、引用を記録し、憂鬱なときは見返す
  • 他人の欠点にいつまでもこだわらない。逆に良い点を記録していけば、理想の相手だと気づくだろう
  • 近所の人々に関心を持つ。健全で好意的な関係を築くことは人生にプラスになる。
  • 寝る前に明日のスケジュールを整え、確認する。仕事に追われるときほど、やることが確認でき気が休まる。
  • 緊張と疲労を避け、リラックスすること
  • 疲れたと思ったら床に寝転がり、体を伸ばす。転がっても良い。一日二回以上。
  • 時間がないならいすに腰掛ける。背が硬く、まっすぐなものがよい。手のひらを下にしてももにおく
  • 全身の筋肉を部分部分で緊張弛緩させる。その後、頭をぐるぐる回す。
  • 顔のしわやとげとげしさに気をつけ、それをなくす。額の八の字や口元のしわを伸ばす。

疲労と悩みを予防する四つの習慣

  • 当面の問題に関係する書類以外は机の上から片付ける。
  • 重要性に応じて物事を対処する
  • 問題に直面したとき、判断する材料を持ち合わせているならその場で判断する。延期してはならない。
  • 組織化・代理化、管理化することを学ぶ。過労の原因である。

疲労や悩みの原因となる倦怠を追い払うには

  • 毎日自分を励ます。明るい暗示をかける。気や言葉から人生が作られる。

不眠症で悩まないために

  • 眠れないときは、眠くなるまで仕事をするか読書をする。
  • 睡眠不足で死んだものはいない。不眠症で悩むことが有害だ。
  • 神に祈る。安らぎを得る詩を繰り返し読む
  • 体をリラックスさせる
  • 運動し、起きていられないほど疲弊する。

⑴悩みに関する基本事項

今日、一日の区切りで生きよ

  • 未来を不安に思ったり、理想の未来を妄想したりして、今を現実逃避していないか?
  • 過去を後悔して、現在を傷つけていないか?
  • 朝起きたとき、「今日を精一杯がんばろう」と誓っているか?
  • そう考えることによって、人生を豊かにできるだろうか?
  • それらをいつからはじめるべきか?明日?明後日?または今日?

昨日の自分と、今日の自分、明日の自分は違います。

朝シャンする人は、シャワー浴びながら、「今日も良い一日が始まる!」と思うのが良いですねー

悩みを解決する魔術的公式

  • 「起こりうる最悪の事態」を自問する。
  • やむをえない場合は、その事態を受け入れる覚悟をする。
  • それから落ち着いて、最悪状況を好転させるよう努力する。

悩みがもたらす副作用

  • 事実を直視し、悩むことをやめる。そして何かをやってみる。

目標に向かってできると思ってやり続ける。これしかないですよー

⑵悩みを分析する基礎技術

悩みの分析と解消法

  • 第一問 私は何に悩んでいるか?
  • 第二問 それに対して私は何ができるか?
  • 第三問 私はどういうことを実行しようとしているか?
  • 第四問 私はそれをいつから実行しようとしているか?

仕事の悩みを半減させる方法

  • 問題点は何か?
  • 問題の原因は何か?
  • 幾通りの解決法があり、それらはどんな方法か?
  • 望ましい解決法はどれか?

何に向かっているのか再度確認のチャンスなので、上手くいってると意識して、リラックスしましょー

⑶悩みを早期に絶つ方法

心の中から悩みを追い出すには

  • 忙しい状態になること。悩むのは悩む暇があるから。悩みを抱えている時ほど忙しく活動しろ

カブトムシに打ち倒されるな

  • 気にする必要もなく、忘れても良い小さい事で心を乱してはならない。「小さいことにこだわるには、人生はあまりにも短い」

多くの悩みを締め出すために

  • 「記録を調べてみよう」。そして自問する。「平均すると、不安の種が実際に起こる確率はどれほどだろうか?」

避けられない運命には調子を合わせる

  • 決まった運命なら悩まずにさっさと従い、それを忘れる。

悩みに歯止めをかける

  • 現在の悩みはどれほど重要性があるか?
  • その悩みの損切りラインをどの時点で出して、悩みを忘れるべきか?
  • その悩みに対してどれほどリソースを注げばよいか?既に注ぎすぎてないか?

おが屑を挽こうとするな

  • 腹水盆に帰らず

悩みありますよね。。。話聞きますよ。

⑷平和と幸福をもたらす精神状態を養う方法

生活を転換させる指針

  • 快活に考え行動すれば自然に愉快になる。

仕返しは高くつく

  • 仕返しはしてはならない。結果的に自分が傷つく。嫌いな人について考えたりして、自分の時間やリソースを無駄にしてはならない

恩知らずを気にしない方法

  • 恩知らずを気に病む代わりに、元々人間は恩知らずであると考える。
  • 幸福を見つける唯一の方法は、感謝を期待することではなく、与える喜びを得るために与えることである。
  • 感謝の念は後天的に「育まれた」なものである。子供に感謝の念を植えつけるためには、子供に教え込まなければならない。

百万ドルか、手持ちの財産か

  • 厄介ごとを数え上げるな、恵まれているものを数え上げよう

自己を知り、自己に徹する

  • 他人の真似をするな。自己を知り、自己に徹しよう

レモンを手に入れたらレモネードを作れ

  • 運命が損害をくれたら、それで利益を生み出せ(利益を享受するだけなら誰でもできる)

二週間でうつを治すには

  • 他人に興味を持つことで自分自身を忘れよう。毎日誰かの顔に微笑みが浮かぶよう善行を心がけよう

ストレスを少なくするには、やりたいことをやる。

⑸悩みを完全に克服する方法

私の両親は如何にして悩みを克服したか

  • 祈りは悩みを具体化する。具体化していないものは対処のしようがない。神を信じる必要はない。
  • 祈りは重荷を分担するような気分にさせる。悩みを自分だけで抱え続けることは難しい。誰にも話せないときは神に祈って重荷を分担するような気持ちになる
  • 祈りという行動が、悩みを解決しようという行動の第一歩になっている。そこから徐々に実際の行動へ繋がる。

目標に向かって自問自答、イメージすることは大切です。とりあえずやってみる!

⑹批判を気にしない方法

死んだ犬を蹴飛ばす者はいない

  • 不当な非難は、しばしば偽装された賛辞である。正しくないものはいずれ正される。

非難に傷つかないために

  • 最善を尽くせ、その後は古傘をさして非難の雨が首筋から背中へ流れるのを防げばよい

私の犯した愚かな行為

  • 自分の犯した愚行を記録しよう。人間は完全無欠にはなれない。そして、建設的な批判を進んで受け入れ求めよう

失敗した自分を褒めましょう。良くやったと。良くチャレンジしたと。

批判されるぐらい注目されていると言うことで、気にしない。気にしない。

⑺疲労と悩みを予防し心身を充実させる方法

活動時間を一時間増やすには

  • 疲れる前に休もう。そうすれば自然と活動時間に一時間付け加えることができる。

疲れの原因とその対策

  • いつでもリラックスしていること。猫を見習え
  • できるだけ楽な姿勢で働くこと
  • 一日に4,5回、自分を点検する。余計なことに労力を注いでいないか?それがくつろぎの習慣に繋がる。
  • 一日の最後にどれだけ疲れているか確認する。原因は仕事のやり方が悪いためだ

疲労を忘れ、若さを保つ方法

  • 感銘を受けた作品をメモする。感動した言葉、文、引用を記録し、憂鬱なときは見返す
  • 他人の欠点にいつまでもこだわらない。逆に良い点を記録していけば、理想の相手だと気づくだろう
  • 近所の人々に関心を持つ。健全で好意的な関係を築くことは人生にプラスになる。
  • 寝る前に明日のスケジュールを整え、確認する。仕事に追われるときほど、やることが確認でき気が休まる。
  • 緊張と疲労を避け、リラックスすること
    • 疲れたと思ったら床に寝転がり、体を伸ばす。転がっても良い。一日二回以上。
    • 時間がないならいすに腰掛ける。背が硬く、まっすぐなものがよい。手のひらを下にしてももにおく
    • 全身の筋肉を部分部分で緊張弛緩させる。その後、頭をぐるぐる回す。
    • 顔のしわやとげとげしさに気をつけ、それをなくす。額の八の字や口元のしわを伸ばす。

疲労と悩みを予防する四つの習慣

  • 当面の問題に関係する書類以外は机の上から片付ける。
  • 重要性に応じて物事を対処する
  • 問題に直面したとき、判断する材料を持ち合わせているならその場で判断する。延期してはならない。
  • 組織化・代理化、管理化することを学ぶ。過労の原因である。

疲労や悩みの原因となる倦怠を追い払うには

  • 毎日自分を励ます。明るい暗示をかける。気や言葉から人生が作られる。

不眠症で悩まないために

  • 眠れないときは、眠くなるまで仕事をするか読書をする。
  • 睡眠不足で死んだものはいない。不眠症で悩むことが有害だ。
  • 神に祈る。安らぎを得る詩を繰り返し読む
  • 体をリラックスさせる
  • 運動し、起きていられないほど疲弊する。

リラックスする時間を絶対とる、リラックスする時間がない日は何かがおかしいですよ。

リラックスすればするほど、幸せな気持ちになる。

当然ですよね。リラックスしてるんですから。

この時間、最高〜っと言える時間を毎日作りましょう。