journal

【journal】近畿ジュニアバスケットボールファイナルカップ🏀

近畿ジュニアバスケットボールファイナルカップ🏀

GRAVITY最後のイベント終了。

最後に最高の形で終われました。

近畿ジュニアファイナルカップ 3位

#15 TOKI が優秀選手賞受賞

予選リーグで大阪、京都、兵庫のトップクラスの強豪チームとの対戦。

正直どうしようもないサイズの差があったので、この大会が決まってからずっとどうするか考えていました。

約半年前に結成。練習は週一回程度。

なので、ざっくり24回の48時間。

この週一回の2時間で何を伝えるか、感じてもらえるか。

楽しさは前提としているけど、それだけでは勝てない。

やるからにはこのチーム、このメンバーで勝ちたい。

そこにチームルールやケミストリーが必要。

お互いを信頼して、ポジティブなチームへ。

試合を重ねる毎にベンチの雰囲気が良くなってきていたので、チーム力の向上は感じていた。

無名のチーム、無名の選手ばかりだけど、東大阪ではトップレベルでスタメンの選手ばかり。

試合にフルで出るのが当たり前の選手ばかりで、プレータイムには色々不満があったと思う。

この日までプレータイムが少なくても頑張って来てくれている選手がたくさんいる。

勝ちゲームにできるギリギリの範囲でプレータイムを平等にすることはずっと考えていた。

その中でもポテンシャルが高いTOKIがこの大会で結果を残してくれて、さらにBIG PLAYまで決めてくれて、本当に嬉しかった。

中々、結果が出ず、プレータイムを与えてあげられない、というか、そこを理解して、ステップアップして欲しかった。

和歌山遠征の時に少し兆しが見えて、この大会で開花。こんなことがあるから、コーチってやめられないんだろうなって思った。

だって、最高、この言葉以上のものはない。

で、当日はみんな色々予定があり、参加ロスターは11名。

<GRAVITYロスター>

#7 YU

#13 YUSEI

#14 SHU

#15 TOKI

#18 KEIYA

#23 SATOSHI

#24 RYODAI

#33 YUKI

#34 TEPPEI

#36 KOKI

#51 KOICHI

和歌山遠征ぐらいから試していた2プラトンで挑む。

GRAVITYの武器は、外角のシュートとディフェンスと、悪ノリ。

これが絡み出したら、GRAVITYは止められない。

初戦のチームは、大阪のクラブチームで、インサイドのサイズがあるチーム。

久しぶりの試合で、シュートが上手くアジャストできない。身体も動いているように見えない。ロースコアゲーム。

何とかディフェンスで凌ぎながらリードを保っていたが、次の試合以降のためにオールコートディフェンスを指示。

全く身体動かない・・・

そのおかげで点差は詰められたものの、初戦勝利。

2試合目は、近畿でも上位に食い込む大阪の強豪クラブチーム。東山高校に行くことが決まっているような選手がいるチーム。

事前にその子のシュート力が凄いことがわかっていたので、そこはフェイスガード。

前半、上手く相手の得点源を止めて、さらにGRAVITYは面白いようにシュートが決まり、点差を広げることができた。

後半、相手のシュートが決まり出すと、こちらは連続ターンオーバー。

要所で得点することができず、3点差で敗戦。

3試合目は、京都一位のクラブチーム。ベストメンバーではないもののサイズがあるチーム。

ビッグマンがヘルプポジションにいることが嫌だったので、ビッグマンにマッチアップされている選手を外に配置。

その他は1on1で勝てそうなレベルだったので、オフェンス指示のみで、点差を広げることができ、快勝。

4試合目は、兵庫県一位のクラブチーム。かなり大きい。

これに勝てば、予選リーグ2位が確定し、順位決定戦に出場が確定する試合。

思うように得点が伸びず、後半残分3分ぐらいまでシーソーゲーム。

次の手を打とうとしたところで、相手がオールコートプレス。

これはラッキーだった。タイムアウトをとって攻め方を指示。

完璧に作戦を遂行してくれてディフェンスを崩壊させ、流れをこちらに引き寄せて逃げ切った。

5試合目の3位決定戦。

相手は奈良の強豪チーム。サイズ、能力ともに別格・・・だったが、相手はこちらのことを舐めて、Bチームスタート。

悪ノリが得意なGRAVITYに対してこれは失策。

かなりのレベルダウンだったので、1on1だけで出だし5分で10点差以上広げる。Aチームに戻して来たが、ノリにノッているGRAVITYはさらに点差を広げる。

終盤のオールコートディフェンスで点差を詰められるもののそのまま逃げ切り、大会3位で終了。

仲間を大切にして、仲間とともに勝つために、コート内でもコートの外でも全力を尽くす。

諦めない。粘る。逆境にも耐える。

BALL KNOWS EVERYTHING

だから、バスケットボールの神様は子どもたちに最後の最後に最高の結果を授けてくれた。

凄く濃厚な半年間。ずっと一緒にいたかのような感覚。

楽しい時間はあっという間。

諸行無常・一期一会。

同じ状況はずっと続かないのがこの世の中。

サポートして頂いた保護者の皆様に感謝です。

子どもたちが輝ける場所を作れたことは本当に良かったし、最後の大会で全員が自分の得意プレーでハイライトを残すことができた。

バスケットボールの魅力を全員で共有できた。

一生の思い出、宝物。

キャプテンのRYODAIが、3位入賞の盾を僕に渡してくれた時、中学1年生から始めたバスケット23年目にしてやっと結果が残ったと実感。

継続は力なり。本当にものすごーーーく遠回りしたけど、みんなのおかげで努力は報われることを証明できた。

みんなありがとう。みんなに大会終了後に伝えたけど、バスケ続けろよー

GRAVITYのもう一つの意味

With Gravity  真面目に 真剣に

コツコツ毎日、目標に向かって、日々の生活を真剣に生きる。

損得は関係ない。自分自身のやりたいことにフォーカスする。

高校バスケ楽しんでねー

保護者の方々に撮影して頂いた動画や写真です↓↓↓